雨の日の運転が苦手な人ほど安全運転?

雨の日の運転が苦手な人ほど安全運転?

雨降る夜は駅前などに家族のお迎えの車が停車しているような風景が数多くみられますが、出来る限りは雨の降る夜は車の運転は控えたいと感じている人が多いはずです。雨の日の運転に苦手意識があるのは、視界の悪さだけではなく、水溜まりによる路面のスリップなどを一度でも経験した事がある人は、その恐怖心から運転に慎重になってしまうはずです。車の運転を学ぶには、実は車が水たまりにハマってスリップするような恐怖心を味わう事から、安全運転に目覚める人もいるようです。一般の路上でそのような恐怖体験を味わう事は、第三者を巻き込んでしまう可能性がありますので、避けたいシチュエーションですが、サーキット場などで、あえて危険運転を試す事ができるようなイベントでは、一度、スリップやドラフト体験を試みてみる事も良いかもしれません。車の運転を学ぶことは、何よりも事故を起こすリスクを抱えている事を実感する事が、重要であると語る専門家もいるようです。