車のタイプはどのくらいある?車の選び方のポイントを解説

車を購入しようと考えた場合、どのタイプの車にしたらよいか迷ってしまう方も多いと思います。ここでは、車のタイプにはどのようなものがあるのか、車の選び方のポイントについて解説をしていきます。

●車のタイプはどれくらいある?

車は外観や室内の広さや構造、用途によってさまざまなタイプに分けられます。ボディタイプの違いでは、以下の8種類に分類されます。

セダン

クーペ

ステーションワゴン

ミニバン

ワンボックス

SUV

ハッチバック

オープンカー

それぞれ、外観の形状や室内の広さや構造に違いがあります。

●タイプ別の車の選び方

車を選ぶ際のポイントですが、車を選ぶときに最も重視するポイントは、どのような用途で車を使いたいのかという点です。

具体的には、以下の用途が考えられます。

通勤や通学で使用

子育て家族が日常で使用

レジャー用として使用

例えば、通勤・通学用途では、毎日頻繁に運転することが多いため、あまり大きな車だと運転が難しく感じてしまうかもしれません。

小さい子供を乗せることが多い場合は、室内が広くスライドドアのタイプの方が便利です。

また、キャンプなどのレジャーで車を使いたい場合は、荷物が多く積載できるSUVやワンボックス、ミニバンタイプがおすすめです。

●まとめ

車を購入しようと思った場合、種類が多すぎて決められないという方は、まずはどういったシーンで車を主に使いたいのかということを考えてみましょう。利用シーンが決まれば、自動車メーカーが販売している車種から選びやすくなります。