福祉車両をカーリースにした場合のメリットについて解説

身体の不自由な方が車の乗り降りがしやすいようカスタムされた車両を福祉車両といいます。福祉車両は一般的に高価で使い方も限られるので、カーリースを検討する方が多いのが現実としてあります。

ここでは、福祉車両をカーリースにした場合のメリットについて解説をしていきます。

●福祉車両をカーリースにした場合のメリット

福祉車両をカーリースした場合にはどのようなメリットがあるのでしょうか。以下ご紹介する3点について、メリットがあります。

*コスト削減につながる

カーリースは月額料金が決まっており、その料金を支払えば利用できるため、購入するよりもコストを抑えることができます。また消費税が非課税になるという点も大きなポイントです。

*支払いの手続きが容易

一般的に所有する車には自賠責保険や自動車税の支払いが必要となりますが、カーリースであればこのような費用が発生せず、リース料金だけ毎月支払えばよいので、手続きが簡単です。

*リース料を経費計上することが可能

利用者が法人であれば、カーリースの月額料金を経費に計上することができます。会計処理の際も手間がかかりません。

●まとめ

福祉車両は購入すると高額で、あまり現実的な選択肢とはいえません。カーリースであれば、月額料金の支払いだけというシンプルな形で利用できるため、おすすめです。