災害時に重宝するいざというときに役立つ車とは?

台風や地震など自然災害の多い日本において、災害が起きたときに役に立つのが車です。車は移動ができるだけではなく、避難施設としての役割を果たします。

ここでは、災害時のいざというときに役立つ車について解説していきます。

●災害時いざというときに役立つ車とは?

災害時に役立つ車の特徴についてみていきましょう。

*キャンピングカー

キャンピングカーは、災害時においては最強ともいえる車ではないでしょうか。一時的に生活する上でのインフラが整っているため、災害時にキャンピングカーに乗っておけば安全も確保され困ることは少ないでしょう。

ただ、キャンピングカーは高価で、日常使いはしにくいため、資金に余裕がある人のセカンドカーとして候補に挙がります。

*睡眠スペースが広い車

ミニバンや大型SUV、ステーションワゴンタイプの車は、後席を倒せばフラットな広い空間が生まれ、災害時に睡眠をとることが可能です。

*電源が確保できる車

ガソリン車でも電源は確保できますが、エンジンを始動しながらでないと電源供給はおすすめできません。電気自動車であれば、大容量のバッテリーを搭載しており、エンジンも搭載していないので、停電があった際も電力の確保が可能です。

●まとめ

災害時に強い車についてご紹介しました。いざというときに、ここで紹介したタイプの車は役立ちます。ただ、災害時にただ車に避難するだけでなく、防災グッズを用意しておくなど、いざという時のために備えておきましょう。